鶴岡まちなかキネマ

昭和初期建築の木造工場を生かした映画館。
木のぬくもりを感じながらくつろげる、まちなかのオアシス空間です。

top > 上映予定
ふきげんな過去

『ふきげんな過去』 10/1(土)~上映

監督 前田司郎
脚本 前田司郎
キャスト 小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、山田望叶、兵藤公美、梅沢昌代、板尾創路、ほか
作品解説 小泉今日子と二階堂ふみが母娘役で共演を果たした、劇作家・前田司郎のオリジナル脚本による監督作品。18年前に死んだといわれていた母親が、高校生の娘の前に突然現れたことから始まるひと夏の物語。
ふきげんな過去

『団地』 10/1(土)~上映

監督 阪本順治
脚本 阪本順治
キャスト 藤山直美、岸辺一徳、大楠道代、石橋蓮司、斎藤工、宅間孝行、冨浦智嗣、ほか
作品解説 阪本順治監督が「顔」の藤山直美と15年ぶりにタッグを組み、団地に越して来た夫婦にまつわる噂が引き起こす一大騒動を描く。阪本組常連の岸辺一徳、大楠道代をはじめ、初参加の斎藤工らクセあるキャラたちにふんしたキャストの怪演・熱演も注目ポイント。
ジェイソン・ボーン

『ジェイソン・ボーン』 10/7(金)公開

監督 ポール・グリーングラス
脚本 ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ
キャスト マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィキャンデル、ヴァンサン・カッセル、トミー・リー・ジョーンズ、ほか
作品解説 “スピード感”と“臨場感”を極限まで追究し、映画史に革命を起こした〈ボーン〉シリーズ。グリーングラス監督とマット・デイモンの最強タッグが9年ぶりにシリーズにカムバックを果たし、ジェイソン・ボーンの新たなる物語が始動。すべての記憶を取り戻したはずのボーンが、自身の家族を巡る謎や、新たな敵に挑む姿を描く。
君の名は。

『君の名は。』 10/8(土)~上映

監督 新海誠
脚本 新海誠
キャスト 神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、成田凌、ほか
作品解説 若き男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、“ポスト細田守”とも評される新海誠監督の3年ぶりのオリジナル長編。声の出演に神木隆之介、上白石萌音ら。ロックバンドRADWIMPSが音楽を担当したことも話題に。
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 10/15(土)~上映

監督 ジェイ・ローチ
脚本 ジョン・マクナマラ
キャスト ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、エル・ファニング、ジョン・グッドマン、マイケル・スタールバーグ、ほか
作品解説 「ローマの休日」など数々の名作を生んだ希代の脚本家ダルトン・トランボを、TVシリーズ「ブレイキング・バッド」で知られるブライアン・クランストンが演じた伝記ドラマ。冷戦下のアメリカで行なわれた赤狩りの標的となるという逆境に立たされながらも、信念を持って生きたトランボの映画への熱い思いと、彼を支え続けた家族や映画関係者らの真実を描き出す。
嫌な女

『嫌な女』 10/15(土)~上映

監督 黒木瞳
原作 桂望実
キャスト 吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、佐々木希、袴田吉彦、田中麗奈、ほか
作品解説 女優・黒木瞳の監督デビュー作であり、「県庁の星」などの桂望実の同名小説の映画化。友達のいない真面目一徹な弁護士・石田徹子と、派手好きで社交的な天才詐欺師・小谷夏子という立場や境遇が対照的な2人の女性の人生が交わり、爽やかな感動を届けてくれる。
スーパー歌舞伎II ワンピース

シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎II ワンピース』 10/22(土)公開

演出 横内謙介、市川猿之助
原作 尾田栄一郎
キャスト 市川猿之助、市川右近、坂東巳之助、中村隼人、福士誠治、嘉島典俊、浅野和之、ほか
作品解説 あの国民的人気マンガがまさかの歌舞伎化!舞台は処刑宣告をされたエースの救出のため、ルフィたちが海軍に闘いを挑む「頂上戦争編」。歌舞伎風に絶妙にアレンジされた登場人物たちが勢揃いし、歌舞伎の手法とプロジェクションマッピング、水の中のアクションなど現代の技術が融合した新しいエンターテインメントを展開する。
インフェルノ

『インフェルノ』 10/28(金)公開

監督 ロン・ハワード
原作 ダン・ブラウン
キャスト トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、ベン・フォスター、イルファン・カーン、オマール・シー、ほか
作品解説 ダン・ブラウン原作『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第3弾!トム・ハンクス扮する大学教授が、詩人ダンテの「神曲 地獄篇」に絡んだ世界を揺るがす陰謀に立ち向かう。監督はロン・ハワードが続投、『博士と彼女のセオリー』などのフェリシティ・ジョーンズが共演。
ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years』 10/29(土)~上映

監督 ロン・ハワード
キャスト ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ほか
作品解説 世界中の人々を魅了し続ける、ザ・ビートルズ。初期のリバプール時代から、4人が最後に観客の前で演奏した66年8月のサンフランシスコ公演までのライブ映像を中心に、著名人や関係者へのインタビューを通して、彼らの曲の変遷や人気の秘密に迫る長編ドキュメンタリー。日本公開版は、66年の来日時のエピソードが長めに収められた特別版。
ボクの妻と結婚してください。

『ボクの妻と結婚してください。』 11/5(土)公開

監督 三宅喜重
脚本 金子ありさ
キャスト 織田裕二、吉田羊、原田泰造、小堺一機、大杉漣、高島礼子、ほか
作品解説 織田裕二4年ぶりの主演作で、14年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。余命半年の宣告を受けた放送作家の三村修治は、自分がいなくなった後も妻が前を向いて生きていけるようにと、妻の新たな結婚相手を探しに奔走する。
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 11/11(金)公開

監督 エドワード・ズウィック
製作総指揮 ポーラ・ワグナー
キャスト トム・クルーズ、コビー・スマルダース、ダニカ・ヤロシュ、ロバート・ネッパー、ホルト・マッキャラニー、ほか
作品解説 リー・チャイルド原作の「ジャック・リーチャー」シリーズをトム・クルーズ主演で実写映画化したサスペンスアクション「アウトロー」の続編。元米軍の秘密捜査官にして流れ者のリーチャーは、元同僚にかけられたスパイの嫌疑を晴らそうと新たな敵に立ち向かっていく。
海賊とよばれた男

『海賊とよばれた男』 12/10(土)公開

監督&脚本 山崎貴
原作 百田尚樹
キャスト 岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、綾瀬はるか、堤真一、國村隼、小林薫、ほか
作品解説 「永遠の0」の大ヒットが記憶に新しい百田尚樹原作×岡田准一主演×山崎貴監督のタッグが再び。出光興産創業者の出光佐三をモデルにしたといわれる岡田演じる国岡鐵造は、日本人としての誇りを持ちながら、独自の哲学と行動力で戦後日本に勇気と希望を与える大事業を成し遂げてゆく。
映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』 12/17(土)公開

監督 ウシロシンジ(アニメパート)、横井健司(実写パート)
脚本 日野晃博、加藤陽一
キャスト 戸松遥、関智一、小桜エツコ、遠藤綾、重本ことり、梶裕貴、潘めぐみ、ほか
作品解説 大人気アニメ「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ第3弾。さくらニュータウンに空飛ぶ巨大クジラが突如として現れ、“実写の世界”が誕生。ケータやジバニャンたちがアニメと実写の世界を股にかけた大冒険を繰り広げる。実写パートには山崎賢人、斎藤工、黒島結菜、武井咲ら人気俳優が出演。
バイオハザード:ザ・ファイナル

『バイオハザード:ザ・ファイナル』 12/23(金・祝)公開

監督 ポール・W・S・アンダーソン
キャスト ミラ・ジョボヴィッチ、アリ・ラーター、ウィリアム・レビ、ルビー・ローズ、ローラ、ほか
作品解説 人気ゲームをミラ・ジョボヴィッチ主演で映画化した人気アクション・ホラーのシリーズ第6弾。人類最後の生存者となったアリスと、人間をアンデッド化するT-ウィルスを開発したアンブレラ社との最後の戦いが描かれる。日本でモデルやタレントとして活躍中のローラが共演。

▲ページのトップへ戻る